スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘! バハムート邂逅5層編

ツインタニア
今回も画像多めでお届けします。
ホントここ最近は激闘ばっかりですね。
それだけ噛み応えのあるゲームという事で、新生FF14は。

そもそもさくっと簡単に敵を倒せてドロップ率だけをメインとしたゲームなんて激闘でもなんでもなくただの惰性だし。
やっぱりゲームは手に汗握るのが良い。

実際のクリアは5月のゴールデンウィーク終わった少し後ですが色々やっていてブログの書き出しが遅れました_(:3 」∠ )_
挑戦日数だけ言えば4月の終わりから始めたので10日程度でしたね。

…あれ?意外にかかってない?もっとかかるとは思ってたが
攻略法もかなり確立してましたし。

とまぁ前置きはこの程度にして、
バハムート邂逅編第5層は最初からいるこのツインタニアを撃退すれば終了だが、その道のりは険しく、激しい。
ダンジョンの攻略、というよりはもっぱら蛮神戦である。
息を合わせて動かねばあっという間に総崩れしかねない。並の蛮神よりよっぽどシビアかも。

侵攻編もこのノリが続くんだろうね…
イヤ今後の侵攻編のことを考えたらこの攻略難度が最低ラインなのかもしれない


取り巻きワイバーン
最初は3匹のワイバーンがお出迎え。
大きく散会する形になるけど。
双方のタンクが3匹のワイバーンと別がツインタニアを引き受ける形になる。
その間ヘルリキッドがランタゲでホイホイ飛んでくる。

また、ツインタニアは終始デスセンテンスという強力なウェポンスキルを終始使ってきて、ヒーラーはそれに合わせて防御バフや回復を手厚くしないと、タンクが脱落するとそこから総崩れしかねない。
ただ使ってくるタイミングは決まってるらしいのでマクロで通知するのが一般的とか。
しかも拘束具が落ちるたびに、フェーズが進むたびにその攻撃力も上がる。終始気が抜けない

ファイアストーム
最初の大掛かりなギミック
ツインタニアの体力をある程度まで削るとファイアボールとファイアストームを使用してくる。雑魚は沸かないが
ファイアボールは大ダメージ、そしてファイアストームは1体を対象に拘束し、制限時間以内に破壊しないと閉じ込められた人が即死(狙われた人にはマークがつくので予知は可能)
これが一癖あって、ファイアボールを受けると、1体で12000ダメージ近くを受ける。つまり1人で受けると即死だがこのダメージは回りにキャラが居る事で頭割りされ、軽減される。
(たとえば4人居ると12000÷4で3000ダメージ程度)

だったら8人で受ければいいじゃね?という話になるが、ここがまた一癖あって、なんとファイアボールを受けた人数によって次にツインタニアが使用するファイアストームの拘束時間が縮まるというギミックがあるという。
当然ながら大人数で受けてはファイアストームによって脱落する可能性が滅法高まるわけだ。

なので現在の主流としてはファイアボールを4人で調整受ける傾向があるそうだ。


ダイブボム
んでそれが進むとお次は。
画像では何をやってるのかよくわからないが、FSFBの後にダイブボムという技を使用してくる。
これまた事故を起こす厄介物

FSFBのターンが終わったら、この定位置に全員が移動し、マークと同時に内周に向かって走り出す。
ツインタニアが急降下をしてくるのでおびき出して動いてくれ、という事。
そこらへんは動画見たほうがわかりやすいかも。

ちなみに外周にある高圧電流みたいなのに触れると即死(これは終始)
ダイブボムターン以外では気にする必要はないが…

蛇
その間に蛇が沸いて来るのでそれらも処理しながらダイブボムに注意せねばならない。

大体最初にダイブボム3発→45秒後にまたダイブボム3発。 その間にある程度の蛇撃破を目標。

またツインタニアはフェーズが進むごとに拘束具を落としてくる。落ちた拘束具の上に乗れば被ダメージ、被回復量と共に低下する。ダイブボムの後に1発エーテリックプロフュージョンを使用してくるので、それはこの拘束具の上でこらえる。
また、拘束具を的確な位置に落とさないと後のターンで詰むので誘導するタンクの上手さも試される。


ツイスター
そして次に来るはツイスターという技。
画像でいえば左下の小さな竜巻っぽい技。

基本的にその場に発生し、数体がランダムで狙われるが、誰が狙われるかは直前でないとわからない。
とりあえず全員その場を動かないと動かずに当たった人が飛ばされて即死である。
なのであらかじめツインタニアにフォーカスターゲットをつけておき、予兆を見れるようにする必要がある。

また、その間にドレッドノートという雑魚が出現し、ツインタニアが任意で拘束をつけた相手に向かって歩いていく。
それらが拘束された仲間に当たるとそれでも即死である。なので狙われてないDPSはそれらを全力排除
ツイスターを避けながら、そしてヒーラーは常に飛んでくるデスセンテンスのダメージケアをしながら…

一般的にこのターンが最もしんどく、事故を起こしやすいという。
募集でもよくツイスター避けられる人、とかで指定があるくらい。

ヘルリキッド
んで、最後の締めはヘルリキッド6連と魔力爆散攻撃。

ヘルリキッドは狙われた人が他の人を巻き込まないようにして普通に逃げればよし。
これだけではそれほど厄介そうには見えないが、その間にツインタニアがまた任意ターゲットを行い、魔力爆散攻撃を行う。拘束具の上にいないとかなりのダメージを受けるこれまた厄介な攻撃。
ただこれは攻略法が確立されており、メインタンクがツインタニアを拘束具の上に誘導し、そこで戦闘を行い、そしてサブタンクがその拘束具の真上に立ち、その魔力爆散を受けるという。
ツイスターも雑魚も沸かないが、デスセンテンスの攻撃力はここで最高潮となる。
ヒーラーは一瞬たりとも油断できない…

勝利!!!!
そして遂に撃退!!!
攻略サイトや動画を見て覚えることから始め、コンテンツファインダーや募集部屋に挑戦していく日々。

全員がきちんとした動きを取れないといけないので、こりゃ半端なプレイヤーじゃムリだわ…


ここからはSS

アリゼーと


蛮神バハムート
もうね、いままでのシリーズより召喚獣ポジションの扱いが大々的過ぎるというか…

余談だが、今まで紹介した第5層のステージはなんとバハムートの右手の上である。
どれだけ馬鹿げた大きさかわかるであろう…

アリゼー


スケールが違いすぎる
相当離れてこの大きさ…ヤバイ
これは今倒すのはムリだ

ここで出てきたメガフレアの名称

侵攻1層開放
そして侵攻編開放!
ちょっと遅かった気もするけど、2ヶ月強離れてた時期もあるし…PC故障で

にしてもここまで攻略法を確立させてくれた先人には頭が上がりませんわ、ホント

メテオの跡地

侵攻1層
そして侵攻1層、雑魚も相当な強さである。
BGMは相変わらず良い。雰囲気出てる。


ラフレシア
そして最奥のラフレシア。
初見で挑む。侵攻第1層のピーク、というよりはこのラフレシアが侵攻第1層そのものかもしれない。

5層攻略したメンツと初見で無知識で挑み…

_(:3 」...........
そして難なく敗北してきた_(:3 ..................

またもツインタニア並にギミックが用意されてるんだという…
今後バハムートや侵攻編はずっとこのノリなのか…


学者
ここ最近はサブで学者とか別のレベル上げとかしていました。(この記事公開が遅くなった原因だが_(:3 」..............)
今まで要らないだろうと思っていたアイ・フォー・アイがそろそろ必要かと思い始めた。
それを先刻のツインタニアから教わった気がする。

アイフォーアイ


今は最近は別の事もコツコツやってるが、それはまた別の記事で。
スポンサーサイト

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

マリアベル・プレティオ(読み方)

Author:マリアベル・プレティオ(読み方)
キャラ名:Mariabell Pletio
職業:白魔道士or竜騎士orナイトor学者
サーバー:Chocobo鯖でプレイ中!
LodeStoneのマイページはこちら

新生より復帰致しました!心機一転頑張っていこうと思います。(HN=高把あきら)

フレンド募集中!FF14やってる方お気軽にー!

登録サーチ関連
FINAL FANTASY XIV検索エンジン FF14さーち FFblogsearch FF14ブログ&リンク巡回屋 FF14アンテナ FF14 FAN
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
TweetsWind(ツイッター)
リンク (☆は相互)
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。